• ホーム
  • ダイフルカンを不感症改善に使う

ダイフルカンを不感症改善に使う

セックスの悩みは男性だけのものではなく、もちろん女性にもありますが、他人に話せず一人で抱え込んでしまうことが少なくありません。
男性の勃起不全などは外から見ても分かりやすい悩みですが、女性の不感症は本人にしか分からないため、なかなか理解してもらえないこともあります。
不感症を改善するために、昔からさまざまな媚薬が開発されてきました。
近年媚薬として使用されている薬の中に、ダイフルカンという治療薬があります。
媚薬の効果は種類によって異なり、下腹部の血行を促進するものや、快楽を司る脳内ホルモンを増やすものなど多種多様です。
ダイフルカンには膣の分泌液を増加させ、潤いを与える作用があると言われています。
不感症の大きな理由になっているのは、分泌液が不足し膣が濡れていないために、性交時に苦痛を感じることです。
ダイフルカンを服用すれば膣が潤い摩擦が軽減されるため、性交痛を防止する直接的な効果があるというわけです。
こうした作用から分かるとおり、ダイフルカンは媚薬がわりに使われるといっても、性欲を高める薬ではないので注意してください。
またダイフルカンの発売元の製薬会社では、不感症改善の効能があるとは言っていません。
あくまで副作用のようなもので、効き目には個人差があることを了解しておく必要があります。
とはいえ、ダイフルカンを服用してセックスが苦痛でなくなったとか、積極的に楽しめるようになったという方がいるのも事実です。
ダイフルカンは医療機関で処方される薬ですが、不感症の治療薬として処方を受けることは原則的にできません。
また相手が医師や薬剤師であろうと、プライバシーの問題を知られたくない場合があるでしょう。
そんなとき個人輸入の通販を利用すれば、誰にも知られず購入できるので便利です。
ダイフルカンには安価なジェネリックもあります。
放っておいても不感症の悩みは解決しないので、個人輸入の活用を考えてみるのも良いでしょう。

ダイフルカンは元々カンジダ治療薬です

ダイフルカンは本来は媚薬ではなく、カンジダ症の治療薬として開発された抗真菌薬です。
カンジダ症はカンジダという真菌(カビの仲間)が、性器の表面などで繁殖して起こる感染症です。
カンジダはどこにでもいる菌の一種で、普段は病気を起こすほどの力は持っていません。
しかし過労やストレスなどで免疫力が弱ったとき、感染症を引き起こすことがあります。
カンジダ症には性器に痒みを覚えたり、おりものが増えたり粘り気が出たりするのが特徴です。
ダイフルカンにはカンジダやクリプトコッカスという真菌を殺菌する働きがあります。
カンジダ症のほか、性器の炎症を鎮めるのにも効果的な薬です。
通常は1日1回、50mg~200mgを内服しますが、症状が重いときは400mgまで増量することができます。
1週間ほど服用しても改善しないときは、別の病気の可能性があるので、服用を見直す必要があります。
ダイフルカンにはカプセルやドライシロップなどの種類があり、小児でも服用できるなど、副作用が比較的少ない薬です。
このことも不感症改善に使われる理由になっていると考えられます。
ただし下痢や嘔吐や発疹などの副作用がまれに見られるので、異常を感じたら服用を中止してください。
そのほか睡眠薬や抗凝固薬などを服用している方は、飲み合わせについて医師に問い合わせることをお勧めします。
なお胎児への影響ははっきりとは分かっていませんが、万が一を考えて妊娠中の服用は避けたほうがよいでしょう。
ダイフルカンは上手に使えば女性の悩みを解決する助けになりますが、元々はカンジダ治療薬であり、不感症の治療は本来の目的ではないため、過度に依存しないよう心がけることが大切です。