男女別にみる精力の違い

最近では草食系男子も増えたとはいえ、男性の方が精力は強いイメージです。
特に若い男の子だとがっついていて、常にエッチに興味があって、そのことばかり考えているような気がするでしょう。
でもそれは男性の身体の仕組みがそうさせているのです。
人間の本能行動をつかさどる脳の視床下部という部分は女性の2倍、更にそこから出てくる「エッチしたいホルモン」のテストステロンの量は10倍から20倍と言われています。
とはいえ、男性の精力は加齢と共に衰えてきます。30歳を過ぎた辺りから精液の量が減ってくるのです。
あとはどんどん下がる一方です。それをテクニックやコントロール法の習得で何とか持たせているに過ぎません。
オーガズムはなんと10代がピークです。
エッチに興味を持ち始めた10代の頃が一番気持ちよくて、あとはどんどん衰えていく一方というわけです。
一方の女性の側は、30歳くらいになりホルモンが安定してきます。精神的にも成熟してきます。
すでに妊娠・出産も経験しているからセックスに対して前向きになっている方も多いです。
経験や回数を重ねる中でオーガズムにも達しやすくなっています。性欲も強くなっています。そのため、女性は30代からということなのです。
最近では、年下の男性と付き合う女性も少なくなくなっていますが、セックスの関係でいくとうまくいきやすいのです。
まだ男性側はセックスに興味津々でがっついてきますし、それを包容力を持って包み込みながら自身もしっかり楽しむ女性側、もしも出会いがあるようなら付き合ってみてもよいかもしれません。
とはいえ、同年代カップルがうまくいかないというわけでもありません。年齢を重ねて経験を積んでいるのは男性だって同じ事です。
あとは、そのテクニックを活かしながら女性を喜ばせようという意識を常に高く持っておくことです。
お互いを思う気持ちがあれば、セックスはうまくいくのです。
それに個人差もあるため、年齢を重ねてもオーガズムを強く感じる男性だっています。

男女とも年齢によって精力は変化していきます

個人差があるとは言うものの、一般的には精力のピークというものは男女ともにあり、男性は10代から20代と若い方が強いというのは本当です。
では女性の方はどうかというと動物的には20代、30代が精力という意味では強くても、それがセックスを楽しむということとは直結していません。
特に若い頃はオーガズムに達しないという女性も多く、出産後や40代になって初めて感じることができたという人も少なくないため、女性の方が開発次第ではよりセックスの喜びを楽しめるようになっていきます。
男性は加齢によって徐々に精力も衰えていきますが、女性はどこでピークを迎えるかは個人差が大きく、出会った男性に左右されることもあるため相性はとても大事です。
例えば女性は閉経を迎えると女性ホルモンが激減して妊娠も不可能になりますが、それがセックスができないということには直結しません。
むしろ、妊娠の心配がないため心置きなく楽しめるようになったという女性もいるほどです。
この開放感が女性がセックスを楽しむためには最も重要で、身体でする男性と、心でする女性との大きな違いになります。
男性も欲求に任せていた時代が過ぎると精力も落ち着いてきます。
女性に興味がなくなるという訳ではありませんが、今度は気持ちと体にギャップが出て来てしまうこともあり、勃起が難しくなることや持続時間に悩むかもしれません。
しかし、精液を出すことが最終目的ではない、お互いを思いやるセックスを始めるには良い機会です。
男女ともに感情をコントロールし、テクニックを磨くことがセックスを末永く楽しむための秘訣になります。
精神的にも肉体的にもバランスをとって愛を持って相手に接するようにしてみましょう。